教育やしつけについては

教育 しつけ

教育やしつけについては

教育 しつけについて

画像

子供が大きく育って行く上で何が重要であるかを考えたときに教育としつけは大きな影響を与える部分です。
それについて認識している親は多いのか、あるいは教えられなくとも本能のように役割を意識するものかは判然としません。
愛情とか回りの人の接しかたも重要でこれは本人が大きくなった時に本人の性質や性格を形成する上でも大きな比重を占めると思われます。
しつけについては大きくなってからの行儀、作法や物事への反応の仕方にも関係して来ます。
悪いところがあれば叱ることも必要でするし、叱らなくても褒めることを中心にしておけば心配無いという考え方もあります。
しかしこれでは感じ方で他者との振る舞いで違いを感じることもあるかもしれません。
こういう環境ではこういう人物になるという統計が出ていればそれに従って熱を入れるようになると思われますが、それをしない場合にはこういう人間になるということを知らない場合も多いもので結果を批判しても後のまつりとも言えます。
例えば極端な場合、周囲の人間が姿だけの形で存在し、子供と接触もせずにやりとりも行わなければどうなるかは実験結果を待つしかないということも言えます。
子供は育てたように育つというのは良く聞かれますが中には例外もあるものの間違いではないとも言えます。