しつけや教育の中核は愛情である

教育 しつけ

しつけや教育の中核は愛情である

教育 しつけについて

画像

教育とは読んで字のごとく人を教え育むものです。
言い換えれば、他者の成長をサポートする役割を担うということでもあります。
人を育てるには様々な方法があり、それは保護者や教育者によって千差万別でしょう。
スパルタ方式で厳しさを前面に押し出し、甘えを許さずビシバシしごく方法もあれば、柔和な態度で相手の緊張をとき、褒めて伸ばす方針で相手の向上心を刺激させるというやり方もあります。
その他にも文化や風習などによって細かな差異こそありますが、世の中には様々な教育方法があります。
しかし、他者を教え導くにあたって決して蔑ろにしてはいけない理念があります。
それが愛情です。
それは指導方針の中核とも根本とも呼べるものなのです。
教師が生徒を導く際に、または親がわが子へのしつけの際に、そこに純然たる愛情が宿っているかどうかが大事なのです。
この基本理念が欠如していると、それらは体罰や虐待へと変容してしまうからです。
愛情があってこそ人は他者を育む事が出来るのです。