子供の教育、親のしつけ

教育 しつけ

子供の教育、親のしつけ

教育 しつけについて

画像

子供を教育する際に、親がどこまでしつけをするか、という問題があります。
親が何をしつけと考えているかというのも重要です。
その考えは、それぞれの親によってかなり異なるからです。
マナーが何かわからない親に、子供にマナーを教えることなどできないでしょう。
ただ、しつけをする前に、子供の性格を考えて行わないと、子供の人格形成に大きな支障が出る場合があります。
たとえば、おとなしい子供に対して親が厳しすぎると、神経質な子供に育ってしまうことがあるようです。
大人になってから困らないように、社会的なルールを教えることは大切ですが、ルールに対して柔軟に考えられる子供に育てないと、将来的に対人関係で苦労するようなことになりかねません。
「円満な人格に育てる」という基本的な部分が抜け落ちていると、ルールだけ守ればいいというちょっと間違った方向へ進んでしまいます。
子供を育てるということは、このようにとても難しいものです。